FC2ブログ

12/8(木) 祖母葬儀帰省(1日目)。

この日は祖母の通夜・葬儀の為、静岡に帰省。

IMG_20161208_100237.jpg

IMG_20161208_103711.jpg

簡単ですが、土産をあつらえて静岡へ。

IMG_20161208_110052.jpg

いつもは品川から帰る事が多いですが、
今回は東京駅から。

IMG_20161208_121337.jpg

静岡に着きました。

ここからは東名経由の路線バスで45分。

IMG_20161208_131511.jpg

自宅に到着。

既に葬儀屋の手配でこういう看板が出てました。

この日の夕刻から通夜なので、
自分が到着する頃と前後して親類が集まり始めていました。

親父に「内輪で食べる分の惣菜なんかを買って来い」と言われたので、
着いて早々、近所のスーパーへ買出し。

IMG_20161208_134003.jpg

IMG_20161208_154417.jpg

そこからは、通夜、翌日の葬儀に係る準備。

本堂や客間を中心に座布団や椅子を並べたり、
色々使うものの準備をしたり。。

IMG_20161208_160116.jpg

引き物の準備が一番大変だったかな。。
なにせ全部で200個近くのセットを作る必要があったから。(´・ω・`)ゞ

奥座敷に繋がる廊下が引き物で埋め尽くされました。
流石にこれはなかなか見ない光景。。

IMG_20161208_155945.jpg

祖母の棺。

準備作業の合間に祖母の様子を見に来ました。
既に葬儀屋の手配で棺内にはドライアイスが敷かれ、
遺体が傷まないようになっています。

祖母はつい2日前までは11月の見舞いの頃と
さほど変わりなかったらしく、
まさしくろうそくの灯が「ふっ…」と消えるように
静かに息を引き取ったという話でした。

祖母は3姉妹の末っ子でしたが、
長女に当たる親類のおばさんは10年程前に亡くなり、
次女のおばさんは今年100歳。

祖母が息を引き取る時に、
たまたま実家に見舞いに来ていたそうで、
妹の死に際に居合わせる形になったそう。

祖母の名は「きえ」と言うんですが、
祖母の姉が息を引き取る祖母の手を
「おきえ!おきえ!しっかりおしいよ!!
わしもすぐ逝くでな!!」と、目を真っ赤にして握っていたらしい。

それを母親から伝え聞いた際には
俺も思わず涙が出た。

祖母の顔は極めて安らかに見えた。
この世に未練は無いといった表情に見えた。

IMG_20161208_160202.jpg

IMG_20161208_161806.jpg

夕方、通夜の前に猫のチャーが戻ってきた。
こいつも何か感じるものがあるんだろうか。。

IMG_20161208_163901.jpg

通夜の準備が進む。

IMG_20161208_164113.jpg

手甲や脚絆など、死装束を着ける。

祖母の場合、自分の祖父(先代住職)の配偶者なので
「寺庭婦人」という扱いになる。

なので、2月に母方の祖父が亡くなった時とは
通夜→葬儀の各種手順が部分的に違っていた。

IMG_20161208_164128.jpg

IMG_20161208_164145.jpg

最後は白衣の装束を上から掛け布団のように掛けて、
通夜の支度は終わった。

翌日は朝から出棺→火葬→葬儀と続くので、
この日は早めに寝た。


2016120801.jpg

スポンサーサイト